トレンドの転換点を当てようとするのは悪魔の誘惑

まだ、為替の動きを当てたいですか?

「わたしのCCIトレード」
今回、「わたしのCCIトレード」と名付けたFX取引ツールを作りました。

 <開発の経緯> 私の知人に真面目な女性デイトレーダーがいます。いつも、そこそこの勝率を残しているようだったのですが、「口座の残高が思うようには増えない」と悩んでいました。わたしは、彼女の売買記録を見せて貰いました。 ドルストレート通貨を、ストップロスとテイクプロフィットを同Pipsのものと、テイクプロフィットをストップロスの2倍に設定しているものに分けて、取引をしていました。大きな動きを見せる通貨ペアは2倍にしているようです。彼女なりに研究を重ねた結果の手法だと思います。 ストップロスとテイクプロフィットを同Pipsに設定しているものについては、最低でも50%を少し割る程度の勝率はあります。テイクプロフィットをストップロスの2倍に設定しているものについては、ある程度利益が出れば、ストップロスを建値に変更していたので、プラスマイナスゼロという取引がいくつか存在しているので、正確な勝率は分かりませんでしたが、3回に1度くらいは取引履歴に丸印が付いています。3回に1回では、トントンになります。 そこで、わたしは、「徹底的な損小利大が難しいのなら、取引結果によって次に建てるポジションのLot数を変えてみればいい」と彼女に、いくつかの方法を教えました。 この出来事が、本ツールを作るきっかけになりました。彼女と同じような悩みを抱えている方の一助となれば幸いです。

基本的に、スプレッドの影響が殆どなくなるくらいのストップロスとテイクプロフィットで、それが1対1の割合であれば、売っても買っても勝率は50%で同じだと思っています。しかし、相場にはトレンドが出ているときがあります。そのトレンド方向にポジションを建てれば、勝率は上がるはずです。勝率が33.4パーセントを超えるならば、理論的には利益に繋がる方法でLot数を変えていきますが、そう簡単にもいかないのが人間の心ではあります。心は相場を当てたがるのです・・。

 <トレードで利益を得るためには下の3つしか方法はないと思います。>
(1)勝率を圧倒的なものにする。
(2)損小利大を貫き、利益が出てきた場合には、徹底的についていく。
(3)建てるポジション数でトータルをプラスにする。

添付のEAは(3)の建てるポジション数でトータルをプラスにするツールとして作成しました。テイクプロフィットとストップロスが同じ値ならば、50%の勝率でプラスマイナスゼロとなりますが、勝率50%以下でも利益を出す方法で ロット数を適宜変更していただきます。ルーレットで赤が出る確率も黒が出る確率も18/37。50%を僅かに切ります。それでも利益を出すためには、張りで勝つしかありません。それで添付EAを「Red&Black」という名前にしました。 トレンドの出ている通貨ペアを見つけて、セットしてください。

 [商品内容]
マニュアルpdf、Red&Black(半自動売買プログラム)
 ○EAはポジションのオープンからクローズまでを自動で行います。ただし、トレンドの判断は行いません。パラメーターの設定も使用する方にお任せします。使い方に依存する半自動EAですので、一つのツールとしてお考え下さい。
○全ての通貨ペアで稼働可能です。
○15分チャートでの使用を前提にしています。
 ○ストップロス値を決めると、設定に応じてテイクプロフィット値を計算します。
 ○ナンピン、ピラミッドの設定可能。
 ○ポジション数、ロスカット値の変更可能。

 [使用者の方にしていただくこと]
1.トレンドの出ている通貨ペアを見つける
2.最適化を行う(主にボラティリティを知るために行います)
3.最適化結果に基づいてパラメーターを設定する
4.EAをチャートにセットする
5.取引結果によって、次回のロット数を変更する

EAはCCI値が上がったときに売りのポジションを持ち、下がったときに買いのポジションを持ちます。トリガーはCCIのみです。最大で2ポジションを取ります。ポジション数は変更出来ます。
 「トレンドの出ているときにトレンド方向に順張りでポジションを取る」ということが前提です。戻り売り、押し目買いを狙ってポジションを取ります。 *最適化の仕方、バックテストの方法、ポジションの建て方、など詳細は取扱説明書にて説明させて頂きます。取扱説明書はpdfで20ページ近くになります。

(それにしても、物事を人様に正確に伝えるのは難しいものだと思いますね)

わたしも使用しているものです。
わたしは、体調の変化が激しく、チャートを見れない日が続いたりするので、このEAにポジションをとて貰っています。なんか、しんどくて寝ているときに思うのは、自分が作って重宝にしているツールを隠したまま死ぬより、使って頂ける方に使って貰えばいいということです。でも、このツールは練習が必要ですので、デモ口座で充分使いこなせるようになってから、実口座で稼働させて下さい。


トレンドを見つけて、システムベットで利益を出して下さい
わたしのCCIトレード_Red&Black



わたしのCCIトレード_Red&Black | fx-on.com
わたしの現在の設定(2016.02.10)。
いずれもratio=1での設定値(nanpin=5,pyramid=5(ナンピン、ピラミッドなし))

プログラムの都合上、実際のストップロスはLoss_c 値の2倍になります。
GBP/USD
1ポジション
Buy_Loss_c =55
Sell_Loss_c =30

2ポジション
Buy_Loss_c =130
Sell_Loss_c =60

Buy_Loss_cについては2015年の下げトレンドの中での模索なので、信頼していない。

AUD/USD
1ポジション
Buy_Loss_c =95
Sell_Loss_c =30

2ポジション
Buy_Loss_c =75
Sell_Loss_c =45

USD/JPY
1ポジション
Buy_Loss_c =45
Sell_Loss_c =30

2ポジション
Buy_Loss_c =110
Sell_Loss_c =100


リクエストがあれば他の通貨でも参考値を出してみます。お気軽にどうぞ。

あくまで私が設定していると言うだけのことですので、この設定値は時々変えています。
この設定値を使って、生じたいかなる結果にも私は責任を持ちません。
トレードは全てご自身の責任でお願いします。


Profile

  • 渋柿
  • A型・水瓶座
  • FXトレードしかしていないからFXトレーダー。 耽美主義者。ストラディバリウスのような神経を持っているので、人との交流は苦手。異見、反論に興味なし。

このブログ記事について

このページは、shibugakiが2016年2月 8日 21:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CCIとダウ理論」です。

次のブログ記事は「私の現在のパラメーター設定値」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.21-ja