2009年4月アーカイブ

昭和レトロを感じさせるデザインの「指宿温泉サイダー」のラベルです。

cider-ibusuki.jpg

鹿児島県の地サイダーです。指宿が「東洋のハワイ」と言われた頃のイメージのラベルには池田湖の「イッシー」も描かれています。ソーメン流しで有名な開聞唐船峡の天然湧水を使用して作られているそうです。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和42年のブルーバードの広告写真。今見ても違和感のないデザインです。

bluebird.jpg

このブルーバードは3代目の510型だと思います。デザイン的にはこの前の410型のセダンが人気があったと思います。昭和40年代,日産のブルーバードとトヨタのコロナが販売競争をしていました。でも,若者には断然ブルーバードの支持が高かったように記憶しています。と言っても私が普通車の免許を取るのは昭和50年になってからなので,あくまで中古車市場での記憶なのですが,"「だんぜんブルーバード」という声が高まるばかりです。"というコピーも頷けてしまうのです。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

ミッフィーのデザインで包装されたキャンディー。ストロベリーヨーグルト味。昭和の時代から飴玉は子どもの人気のお菓子です。

miffy-candy.jpg

甘いということは美味しいことだった昭和30年代。カンロ飴は高級な飴だった。ほかの飴玉と同様にばら売りだったけれど,一つ一つが綺麗に包装され,たしか1個2円だったと思う。まだ,1個50銭,つまり2個で1円という飴玉があった時代です。ちなみにカンロ飴は醤油味です。口に含むと,大きいなぁ,と満足したことを思い出します。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ


昭和39年に行われた東京オリンピックの切手。少し劇画タッチのデザインです。今なお切手帳に並ぶ45年前の切手。東京オリンピックでは自転車競技が正式種目だったことが分かる。

kitte-olympic.jpg

このオリンピックのマラソンで3位に入ったのが円谷幸吉さん。1位はアベベ。2位はヒートリー。これは東京オリンピックで日本が陸上競技で獲得した唯一のメダル。しかし,彼はその後持病の腰痛を再発させ,昭和43年に自殺。「疲れ切ってもう走れない」の言葉は私たちに衝撃を与えた。円谷さんのことを歌った歌がある。「一人の道」ピンクピクルス。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ


資生堂「花椿」

| | トラックバック(0)
資生堂のオードパルファム。なんとも昭和レトロな雰囲気を醸し出すデザインです。

hanatsubaki.jpg

資生堂は明治5年,調剤薬局として創業。その後,化粧品の製造販売へと事業を広げた。「花椿」が商標登録されたのは大正4年。しかし,この「花椿」のマークは昭和62年に広告での使用を一時中止され,最近復活している。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和42年7月から26年間に渡り城達也さんがナレーションを続けられた「ジェットストリーム」


昭和40年代,土佐には民放のFM局が存在しなかったが,なにかでこの「ジェットストリーム」を聴く機会があり,東京へ出ていった暁には真っ先にこの「ジェットストリーム」を聴きたいと思い続けていた。だから,東京の大学に入り,四畳半一間トイレ共同風呂なし,というアパートに引っ越して最初にしたことは,ステレオの配線だった。YAMAHAのレコードプレーヤー,TRIOのアンプとチューナー,TEACのカセットデッキ。そして最初の夜に聴いた「ジェットストリーム」。あの夜の城達也さんの声は忘れられない。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和30年代のツバメ自転車のベルだと思います。レトロなデザインです。眺めていて飽きません。素敵です。

tsubamejitensya-bell.jpg

ツバメ自転車を制作していたのは新家(アラヤ)工業だと思います。アラヤと言えば,自転車の部品メーカーとしては知る人ぞ知る老舗です。今でも競輪用の自転車のリムを作っていますし,私の大好きなイギリスのラレーの部品もアラヤが作っています。私はアラヤが大好きなのです。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和30年の50円玉。懐かしいデザインです。日常で50円玉を握ったことがなかったあのころ。大枚50円です。

50yen-30nen.jpg

昭和30年。高松と宇野を結ぶ国鉄・連絡船「紫雲丸」が沈没し乗客781人の内168人が亡くなりました。痛ましいことです。

宇高連絡船は私も何度も乗りました。とにかく土佐から本州に出て行くには,この連絡船を使うか,大阪行きのアェリーを使うかでした。宇高連絡船のデッキで食べる讃岐うどんは美味しかった。出港するとすぐに行列が出来たものです。もう遠い昔のことです。今では,瀬戸大橋など本州四国連絡橋が完成し,瀬戸内海の穏やかな波を眺め続けることもない。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和の名車はHONDAのスーパーカブ。これはリトルカブの玩具です。どうにもかわいいデザインなので,思わず買ってしまいました。

littlecab-model.jpg

あのころ,私はプラモデルを最後まで作り上げることができない子どもでした。プラモデルはバリを綺麗に取り除いて部品を綺麗にするところから始まると思うのですが,私はその作業が面倒で,引きちぎった部品をただセメダインでペタペタと貼り付けていきました。そうすると,途中でうまく収まらない部品が出てきてしまいます。そこで私は挫折してしまいました。もう,いいや,と。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ


profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」
Powered by Movable Type 4.21-ja

wish Rakuten















link

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メール