2009年6月アーカイブ

三星自転車

| | トラックバック(0)
昭和30年代なのか40年代なのか,判然としませんが,三星自転車のエンブレムです。昭和らしいデザインに自転車を作る誇りが見えます。

mitsuboshi.jpg

いったいいつのころに「三星自転車」という名前を憶えたのか,考えながらネットで検索するけれど,詳しいことが分かりません。うーむ・・・。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和47年。青林堂から出版された「フーテン」。永島慎二先生の作品である。今取り出してきて表紙のデザインを見ても感慨深いものがある。永島先生の本は何冊も持っていたけれど,お金のないときに売ってしまって,今はこの「フーテン」を含めて数冊しか残っていない。

huuten.jpg

昭和47年。私は学生だった。未成年だった。でも,毎晩のようにウィスキーを呷っていた。ベッドの下にはサントリーの「WHITE」の空き瓶が数えきれないくらい転がっていた。呷りながら,なぜか,このフーテンをよく読んでいた。読みながら,色々なことを書き込んでいるページもある。毎日毎日何かを探して止まなかったあの頃。その残滓は今も私の心の底で青白く光っているようだ。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

魔法瓶って

| | トラックバック(0)
昭和42年の広告写真です。「チャイナー魔法瓶」と「パパポット」。これをレトロなデザインと言っていいものか,迷いますね。日陶産業株式会社の製品です。

mahobin.jpg

魔法瓶なるものが日本に入ってきたのは20世紀初め,1909年とされています。これより5年前の1904年,ドイツのテルモス社が魔法瓶の商品化に成功しています。テルモスはドイツ語読みだと思います。あのTHERMOSです。現在,私はサーモスの携帯マグを2本持っています。

今はステンレスの保温器,保冷器が普通ですが,昭和のころは二重になったガラス瓶でした。ですから,乱暴に扱うと割れることが多々ありました。それにしても,「魔法瓶」というネーミングは何とかならなかったものでしょうか。魔法の瓶ですからねぇ。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和の繊維壁

| | トラックバック(0)
昭和の繊維壁にひらひらと留められた富山の薬屋の広告。昭和らしいデザインです。

senikabe.jpg

繊維壁は昭和40年代には大流行でした。50年代にはホームセンターでも材料を売っていました。今でもあるかもしれませんね。繊維壁の素材は「パルプ」「ワラ」「紙」「糸」などに「樹脂」を混ぜたものです。月日を経ると,ぼろぼろと剥がれて落ちてきます。うちの壁は崩れます。左官屋さんのページを見つけました。面白いです。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和のデザインの森永ミルクキャラメルのパッケージです。大正時代のデザインも描かれています。

morinaga.jpg

登録商標のエンゼルマークが懐かしいです。コンビニで見かけて思わず買ってしまいました。実は中身はキャラメル風味のチョコレートです。あの頃,キャラメルといえば,森永ミルクキャラメルか江崎のグリコだったと思います。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



昭和40年代のデザイン。セイコーのロードマーベル。以前にも記事を書いたことがあると思う。

loadmarvel.jpg

釣り鐘をぶら下げている紐のことを「竜頭」という。時計の竜頭はここから来ているらしい。ここ数日,毎日1回ロードマーベルの竜頭を巻いて,キーボードの前に置いている。昨年時計屋さんに診てもらったせいか,調子がいい。日差数秒で30時間以上時を刻む。凄い技術だと感心せずにはいられない。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和50年代のRay-Banのサングラス。このデザインが当時は人気でした。レイバンは憧れでした。

ray-ban.jpg

昭和40年代,サングラスというのは,まだどこか怪しいgoodsでした。初めてパチンコに行ったのが中学校2年生の時。サングラスをかけていきました・・。今思い返すと恥ずかしい限りです。大人たちは,一生懸命に歳を誤魔化そうとして,似合わないサングラスをかけている中学生を,どんなふうに思って見てくれていたのでしょう。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和のデザインです。富山の置き薬,つくしメンターム。昭和30年代のものでしょうか。

mentamu.jpg

赤チンとオロナインとメンターム。この三つがあれば,怪我は治った昭和です。思い出すのは,友達が五寸釘を踏み抜いたことです。あの頃,釘なんていくらでも落ちていました。まるで廃材置き場のようになった空き地で遊んでいるとき,友達が釘を踏んでしまいました。その釘は足の甲まで突き抜けていました。「はよう,家へ帰れ」という皆の声に押されるようにして家に帰った彼は,翌日,足を包帯でぐるぐる巻きにして学校に来ました。話を聞くに,家で釘を抜いてもらい,水で洗い,メンソレータムを傷口に塗り込んだそうです。彼は二日ほどすると包帯もせずに,皆と空き地で走り回っていました。ハードな昭和でした。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」
Powered by Movable Type 4.21-ja

wish Rakuten















link

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メール