2010年11月アーカイブ

仮面ライダーは昭和46年から放映された。写真は「仮面サイダー」潔いネーミングのサイダーで、仮面ライダーの姿をデザインしているが、このシリーズは全部で9種類あるようだ。DYDOの復刻版シリーズである。

kamencider.jpg

残念ながら、テレビの仮面ライダーはほとんど見たことがない。やはり私の年代はウルトラQとウルトラマンだろうか。いや、実写としては月光仮面か。あの頃私は風呂敷をマントにして、駄菓子屋で売っていた白縁のサングラスをかけて、風を切って走っていた。親からしかられて家を追い出されることも度々だったが、いつも、近所の家で受け入れてもらい、お菓子を食べたりしていた。そうこうしているうちに親が迎えに来るのである。町内が共同体のようなものだった昭和。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和の喫茶店

| | トラックバック(0)
昭和を思い出させるデザインの手洗い。初めて入ったお店で思わずシャッターを切ってしまった。

tearai.jpg

昭和30年代、喫茶店でモーニングサービスというものが始まった。発祥は愛知県らしい。私がモーニングサービスを体験するのは昭和40年代のことだけれど、コーヒーと半分に切られたトースト。そしてゆで卵がひとつ。それで充分だった。あの頃は街に小さな喫茶店がいくつもあったが、今は一軒一軒と閉店してしまい、ファミレスやファーストフードに取って代わられた感がある。あの頃はマスターやママさんと話をするのがひとつの楽しみであったが、今は望むべくも無い。

先日、スティーブマックィーンの「パピヨン」を見た。日本での公開は昭和49年。胸に蝶の刺青をした男の脱獄の物語だけれど、アンリ・シャリエールという人の自伝を原作にしたものだ。男の蝶の刺青を見て、太腿に薔薇の刺青をした娼婦のことを思い出した。そして、今日交叉点で信号待ちをしていると、目の前をミニスカートで自転車に乗った女の子が駆け抜ける。その白い左太腿に蝶の刺青。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」
Powered by Movable Type 4.21-ja

wish Rakuten















link

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メール