2011年5月アーカイブ

ジャクソン5が「ABC」で日本のテレビに出ていたのが昭和40年代。アメリカのミュージシャンがテレビに出ていることに驚き、兄弟であることに感心し、ましてやマイケルはまだ子どもだった。 あの頃はまだラジオの時代で、アメリカのヒットチャートを紹介する番組を日曜日の午後に流していた。毎週その番組だけは必ず聴いていた。歌詞の意味もわからないのに、どうしてあれほど夢中になれたのだろう。

 マイケルの楽曲の中で一番好きな歌。
 「you are not alone」 ずーっと聴いていられる。



「you are not alone」これはラブソングではない。
 「マイケルの遺した言葉/マイケル・ジャクソン氏の歌詞の日本語訳詞集」というサイトが詳しい。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
中山式快癒器。昭和54年頃に買ったもの。フォントが昭和のデザインです。

nakayamasiki.jpg

中山式快癒器は昭和22年に日本で特許を取り、その後フランス、イギリス、アメリカでも特許を取得。写真のものはもう33年は経過している。最近、使っていなかったので、取り出してきたら、なんとばらばらになりました。そこで接着剤であちこちを止め直して復活?まだ使っていないのでわかりません。

昭和30年代は町内に一軒くらいは、按摩をしてくれる方が住んでいました。で、按摩をしてもらいたくなると、その方の家に呼びに行けば、すぐに来てくれて、自宅で按摩を受けることができました。按摩・・・按は押さえる、摩は撫でるという意味らしいですね。子どもから見ると、按摩という行為そのものが、いったい何をしているのか全く理解できませんでした。でも按摩が終わると、親は財布からお金を出し、お礼を言って頭を下げている。

ちんぷんかんぷんでした。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

静かなちゃぶ台

| | トラックバック(0)
昭和20〜30年頃のちゃぶ台。デザインと色がおしゃれすぎるかも知れない。

chabudai.jpg

言葉を失いそうな五月の風。
想いだけを含んだ庭のバラが咲く。

bara.jpg


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和45年のコンサイス英和辞典。宇宙戦艦ヤマトのシールが貼られている。あの頃、コンサイスの辞書は私たちの中で非常に信頼性が高かった。内容だけでなく紙質にも定評があり、単語を覚えたページは食べてしまう、とか、煙草の葉を巻いて一番旨いのはコンサイスだ、とか。

concise.jpg

バイト先で知り合った女の子と一緒に見に行った宇宙戦艦ヤマト。私はスーパーのレジで袋詰めのアルバイトをしていた。袋詰め・・・今の方にはわからないかも知れない。あの頃はお客さんがかごに入れてきた商品をレジで紙の袋にきちんと詰めてお渡しした。だから、特に夕方などは、レジには二人の店員が必要だった。

学生時代、私はほとんどノートを持たなかった。教科書は学校に置いてあって、その教科書の空欄にノートをとった。だから、私の教科書には白い隙間がなかった。このコンサイス英和辞典は6年間使い続けたものだが、単語を赤く囲んだマークは無数にあるものの、書き込みはあまり多くない。それでも、いくつか見つけた。

vacancy
一期は夢よ ただ狂へ
I need you
fairylike lady


いろいろなことを思い出す五月晴れ。

アーァアーー

| | トラックバック(0)
昭和の時代には、親戚の叔父さんの山で筍を掘った。近くの小山に遊びに行くときには、ポケットに紙で包んだ塩を忍ばせた。春は山菜が沢山生えていたが、子どもの狙いはイタドリだった。イタドリに塩をかけてそのままかじりながら小山を探検していると、いくつもの防空壕があった。防空壕は怖かった。奥の見えない穴というのは大抵怖いものだ。大きく育った蔦を使ってターザンにもなった。みんなかならず「アーァアーー」と雄叫びを上げた。何の不安もなかった。明日を思い煩うこともなかった。

ichigo.jpg

庭で苺が次々と赤く実っていく五月である。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」
Powered by Movable Type 4.21-ja

wish Rakuten















link

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メール