電化製品の最近のブログ記事

もう、春

| | トラックバック(0)
昭和40年代の冷蔵庫についていた三菱のロゴ。デザインは変わりません。

mitsubishilogo.jpg

戦闘機の影響か、モーターは三菱と信じられていた昭和。

白梅が咲き、紅梅が匂う春。三菱のロゴを見ていて、何故か心静かになる。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
Macintosh SE。昭和61年に発売された。わたしがMacを使い続けているのはそのデザインが好きだからに他ならない。

macintoshse.jpg

スティーブ・ジョブズは、まだパソコンがMS-DOSで動いていた時代に、わたしのような素人にもキーボードとマウスだけで動くパソコンを提供してくれた。それだけで感謝である。哀悼の意を込めて彼の言葉を一つ引用させていただく。

「海軍に入るくらいなら海賊になったほうがいい」

深い言葉だ。



昭和40年代後半でしょうか。保温ジャーです。蘭の花のデザインが昭和です。メーカー名がダイクラウンと書いてあるのですが、検索してもそのような会社は見つかりません。自分で使ってみようかと思いつつ、デッドストックになってしまいました。

jar.jpg

昭和30年代はもちろん保温ジャーなどというものはなく、「おひつ」でした。

ohitu.jpg

夕食の時間になると、母親が丸いちゃぶ台の横までお櫃を抱えてきて。蓋を開けるとほんのり湯気が立った。あの頃、テレビを見ながら食事するなんていうことはもってのほかだった。食事ができるということそのものを大事にしていた昭和です。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

ソニーのICR-N30

| | トラックバック(0)
昭和のデザインのICR-N30です。昭和の終わり頃の発売だったと記憶しています。短波と中波を受信。受信感度はまずまずですが、音質が低音よりです。

ICR-N30-500.jpg

学生の頃、VOAを聴くのが格好いいと思っていましたね。Voice of Americaです。VOAの日本語放送は昭和45年に終わっていたので、すべて英語の放送でした。当然意味はわかりませんが、アメリカ英語の独特のリズムとJAZZをラジオから流しているだけで、奇妙な満足感があったものです。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

NIKOMAT FT

| | トラックバック(0)
昭和40年発売のニコマート FT。堂々としたデザイン。レンズに刻まれた"Nippon Kogaku Japan"の文字が素晴らしい。

nikomat-ft.jpg

重量感が凄いです。レンズ付きで1016gあります。当時の価格も大卒初任給の3倍くらいしたのではないでしょうか。こうして眺めていて飽きないというのは素敵なことだと思います。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和20年代でしょうか。堂々たるレトロなデザインのナショナルのラジオです。ショーケースの中にあるのに,暖かさまで感じてしまいそうなラジオです。

radio-national.jpg

先日,あるブログで,テレビを捨てた方のログを読みました。なんとなく,自分もしてみようかという気になりました。昭和30年代,始終テレビ放送なんてしていませんでした。たしか,お昼の時間帯でも,休止の時間があったように記憶しています。テレビを捨てた方は深夜にラジオを聴きながら仕事をされているようです。

最近はデジタル放送のお知らせがよくテレビで流れますが,全くテレビを買い替える気になどなりません。アナログ放送がなくなってから考えれば良いことだと思っています。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和37年。懐かしいデザインの広告。SONYのオープンリール362B型です。この時代で5万2千円というのは相当高価です。公務員の初任給が1万2千円のころです。

openreel-sony.jpg

この後昭和40年代にはカセットテープが普及してきて,録音ということが広まっていくのですが,テレビの音声を録音するときには,現在のようにピンコード経由で録音するのではなく,カセットレコーダーに付いているマイクを使ったので,家族に音を立てないように,声を発しないように,と頼んでから録音していました。でも,何を録音していたのかを全く覚えていないのが不思議です。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

His Master's Voice

| | トラックバック(0)
昭和40年代にもらった陶器のニッパーです。ビクターのカラーテレビを買ったときにもらいました。

ビクター犬と呼ばれることもあるけれど,この犬は実在していた犬で,本当はこの犬の前には蓄音機があり,亡くなった飼い主の声が入っているレコードを聴いている姿が絵に描かれ,その題名が「His Master's Voice」

nipper.jpg

昭和42年だったと思います。祖父母のために買ったカラーテレビ。色が付いていることに素直に驚きました。中でも強烈に覚えているのが「妖怪人間ベム」。カラーで見る「妖怪人間ベム」は怖かった。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和40年代でしょうか。懐かしいデザインのナショナルの洗濯機です。ふたつダイヤルがあって左側がタイマーで右側がモーターの廻転の切り替えになっています。リサイクルショップの奥の方に並んでいたものです。

sentakuki.jpg

冬の日の洗濯は本当に寒かったですね。洗濯機も屋外にあったし,モーターが止まって冷たい洗濯槽の中で絡まったシャツや靴下などを取り出すのは厳しかったです。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
ブラザーミシンです。見たところ,昭和30年代だと思います。レトロなデザインと黒い色が歴史の重みを感じさせます。

brothermishin.jpg

小学校の頃,ミシンは不思議な機械でした。だから,その仕組みを知りたかった。特に下糸の仕組みが不可解で,ボビンを外したり入れたり。しかし,小学生の私にはミシンの全容は分かりませんでした。小さな手に乗せたボビンとそのケース。その質感と重さに謎は深まるばかりでした。

bobincase.jpg
★ミシンネットストア
土佐山田町のゑびす商店街で「ゑびす昭和横丁」という催しが行われているとのことで,レトロを探しに出かけてきました。少しヤレていますが,昭和のデザインのナショナル炊飯器です。

yebisu-suihanki.jpg

この催しでは,昭和の時代の給食とライスカレーが食べられるということで期待していたのですが,「売り切れです」と言われてしまいました。Oh my God!ですよ。目玉商品が売り切れでは駄目だと思います。

町の活性化を図るために昭和をテーマに持ってくるのはいいことだと思いますが,それなりのプランニングをして,商店街全体で統一したコンセプトを持ち,細かい部分まで詰めてお客さんを迎えないと,PRのつもりが逆効果になってしまいます。

yebisu-syotengai-1.jpg

帰りに日曜市の「ふく福堂」さんに寄って,
柿をもらい,
少し気持ちが秋めいた日でした。

kaki.jpg
昭和34年のゼネラル電気炊飯器の広告です。昭和らしいデザインで,美味しそうです。なんと,「魔法の電気釜!!」

general-denkigama.jpg

この時代に保温機能がついていることが俄には信じがたいですね。あの頃は電気釜かガス釜でご飯を炊いて,おひつに移すのが一般的でした。「冷やご飯」を食べるのに何の抵抗もありませんでした。冷やご飯に熱いカレーは今でも好きです。

toyotamishin-3.jpg
昭和のミシンはこんなふうに電球をオプションでつけていました。レトロです。針先を明るくするための策です。デザイン的にも似合っていると思うのは私だけでしょうか。

あの頃は,小学校の先生から雑巾を作って持ってくるようにいわれました。学校も予算がなかったのでしょうか。大抵は使い古したタオルや手拭いをミシンで縫って持っていくのが常でした。そして,その雑巾で教室や廊下の掃除をします。木造の床はトゲが出ていたりしているので,雑巾をかけているときに指にそのトゲが刺さることはよくありました。トゲが奥深く刺さって取れないときは,裁縫の針先をマッチの火で焼いて,針先で掘り出しました。それくらいのことでは赤チンは使わなかった気がします。
昭和レトロなトヨタミシンです。当時のほかのメーカーのものと比べて,直線的なデザインです。未だに現役です。もちろん,昭和20〜30年代のものですから足踏みです。

toyotamishin-1.jpg

トヨタミシン第一号機HA-1型は昭和21年にできました。ジャノメやブラザーに比べて後発となります。トヨタ自動車の創業者,豊田喜一郎氏自らが指導開発したそうです。このロゴに気合いが入っています。素敵です。

toyotamishin-2.jpg
昭和42年に発売されたソニーの世界初の超小型ICラジオ,ICR-100の広告写真です。製品がレトロなデザインです。思わず欲しくなってしまいます。

icr-100.jpg

電子回路を集約してボディの重量は90g。なんとバッテリは充電式のニッカド電池で、1回14時間の充電で約6時間の連続使用が可能。SONYはすごいですね。よく見るとこの小さなボディにスピーカーが入っているのが分かります。定価9,800円。

真空管ラジオが鎮座していた昭和20年代。その後トランジスタラジオができ,そしてICです。東京オリンピックから3年。日本全体が大きく発展していた時代の産物です。

そして,今やだいたい同じ相対価格でワンセグラジオが買える世の中になりました。こちらは107g。

xdv-d500.jpg

昭和レトロなデザインです。昭和40年代後半の紙袋です。ナショナルの「パナカラー」が懐かしい。「クイントリックス」はステレオ放送のことですね。昭和の時代には「音声多重」と表現していたかもしれません。坊屋三郎さんが外人とやりとりしていたCMが流行りました。

panacolor.jpg

カラーテレビの本放送は昭和35年に始まりましたが,まだまだ庶民の家にはカラーテレビなどなかった。カラーテレビの普及は,やはり昭和40年代に入ってからのことでした。あの頃,各メーカーはテレビに漢字の名前を付け,カラーに片仮名の名前を付けました。ナショナルの「嵯峨」は「パナカラー」,三菱の「高雄」は「ネオカラー」,サンヨーの「薔薇」は「サンカラー」,東芝の「名門」は「ユニカラー」そして日立の・・・日立のテレビに名前がついていたのを思い出せません。カラーは「キドカラー」,あの九官鳥みたいな「ポンパ」くんを思い出さずにはいられません。

素敵な昭和の写真です。今夏の「暮しの手帖」に掲載されていた写真ですが,ミシンを踏んでいる女性は植田紀枝さん。写真家の植田正治氏の奥さんであり,撮影したのはもちろん植田正治氏。私は先日「三菱ミシンの広告」という記事を書いたばかりです。

uetashoji.jpg

私は二十歳の頃,植田先生の写真講座に参加していました。先生はベス単と呼ばれるカメラを駆使して,味のある写真を発表していて,かなりの有名人でした。先生の撮影した写真に三菱ミシンを踏んでいる奥さんが収められている・・。驚きとともに不思議な思いがします。1983年紀枝さんは亡くなり,正治先生も2000年に鬼籍に入られました。

ベス単とはベストポケットコダックという大正時代に作られたカメラで,今もファンは多いと思います。

CANON AF35MLです。昭和のデザインです。すごいことにF1.9です。試し撮りをされている方がいます。

30年くらい前のコンパクトカメラだから,まだそんなに古いとは思いませんが,綺麗なデザインをしています。じっと眺めていると何だか言葉が出てこなくなります。モノを使うということはどういうことなんだろうか。道具としてのモノのデザインって何だろう。「?」ばかりが浮かんでは消えていきます。

canonaf35ml.jpg
うちには昭和40年代の黒電話がある。私にとっての「黒電話」といえばこのデザイン。レトロではないですね。

昭和30年代。電話のある家は本当に少なかった。昭和40年代になって普及が始まったけれど,近所の家に緊急のときの呼び出しをお願いして,お借りしているのが普通でした。まだ近所同士で夕食のおかずのおすそ分けが日常だった時代です。

kurodenwa.jpg

うちに電話が引かれたのは昭和45年前後です。その時の黒電話がこのデザインです。あの頃は電話に座布団を敷き,受話器に洋服を着せました。敷き物とカバーです。紺地に小さな白い犬がたくさん並んでいるデザインでした。今でも似たデザインは多いですよね。

深夜に女の子とよく長話をしました。受話器を持つ腕が痛くなりました。いったいなにをあんなに永い時間話していたのか,思い出せません。市内通話だったら,まだ7円で時間制限なく話せたと思います。調べてみると,時間制が採用されたのは昭和47年11月からです。7円/3分です。昭和51年には10円/3分になりました。
三菱ミシンのレトロなデザインの広告。昭和36年のものです。

mitsubishumishin.jpg

昭和30年代は母親が内職をしている家庭が多かった。うちも例外ではなく,母親はモンペを家のミシンで縫っていた。外で遊べない雨の日は飽かず眺めたミシンの針。何故,糸があんなに紆余曲折した形で道筋を作っているのかが不思議でしようがなかった。青い記憶。

私の家にあったのも三菱ミシンではなかったかと,記憶の端を辿ってみる。金色の「MITSUBISHI」に妙に見覚えがあるのです。あの頃はジャノメ,シンガー,ブラザー,リッカー。工業用でJUKI。色々なメーカーがありました。

「sewing machine」の「マシン」が「ミシン」になったということを聞いた覚えがあります。
080531.jpg



昭和30年代には木とブリキでできていた冷蔵庫。氷屋さんがやってきて上の段に氷を入れていってくれた。あの氷屋さんは毎日来ていたのだろうか?記憶が定かでない。そして下の段に入っていたものとしてはスイカしか覚えていない。

左のものは業務用でしょう。立派です。暖かいデザインです。Yahoo Auctionで出品されています。








時を経て,電気冷蔵庫ができてから,氷を入れる冷蔵庫は物入れとして使われ,やがて捨てられていった。「三丁目の夕日」でもピエール滝演じる氷屋さんが,捨てられた冷蔵庫を哀しそうに眺めるシーンがあった。

reizouko.jpg

三菱の冷蔵庫。左下にペダルが付いていて,手がふさがっているときでも足で開けられるようにできています。三菱のロゴデザインがレトロ。

SONYのICF-9740。昭和56年発売だから,まだ新しい。落ち着いたデザインで,ずっとロングランで生産され続けていたが,いつの間にか生産終了になっている。最近はもっぱらICF-M260を聞いているので箱に片づけたままだ。久しぶりに出してその音を聞いてみると,16cmのスピーカーからは相変わらず暖かい音が出てくる。ラジオっていいです。

icf-9740.jpg


Yahoo Auctionでレトロで素敵なデザインの「東芝真空管ラジオ」が出ていました。
何かを思い出してしまうデザインです。

080524.jpg

昭和40年代のトースターはうちにある。ゼネラルかどこかのトースターで,このデザインのものは市場にもかなり存在していると思います。まさしく昭和レトロなデザインです。食パンを2枚一度に焼く普通のトースターです。

それにしても,初めて家でトーストを食べたのはいつのことだろう。
どうしようもなく思い出せない。

toaster.jpg

高校の頃になると,よくモーニングサービスを喫茶店に食べにいった。トーストとゆで卵とコーヒー。それでよかった。学校に行く途中の喫茶店でモーニングを食べ,ハイライトを胸の奥深くまで吸い込み,一時間目はさぼり,気が向けば2時間目から学校に行った。時間がゆっくり流れていたあの頃。昭和。

toast.jpg



ある喫茶店で、信じられないくらいの大きさのスピーカーからJAZZが流れていました。驚きました。その音のスケールに。そのデザインに。平成の今見ると,どこかレトロでさえあります。このパラゴンの発売が昭和33年というから驚きです。このページを見てください。いかに大きいスピーカーだったかが分かります。

昭和48年頃だったと思います。私が初めてJBLのパラゴン(DD44000)の音を聞いたのは。

jbl-d44000.jpg



その後、私の拙いオーディオ遍歴が始まるのですが、とても何百万円もするスピーカーは買えません。ですから、オーディオ専門店に行って、スピーカーの聞き比べをしました。そして、いくつものJAZZ喫茶で音に耳を傾けました。そんななかで私が未だに一番すごいスピーカーだと思っているのがJBLのエベレスト(DD55000)です。音なんて言うものは言葉で表現できるものではないですが、「スピーカーから出る空気のスピードと透明さ」を感じるのです。それまでに聞いたJBLの音とは違うものです。機会があれば是非一度聞いてみてください。損はしません。

jbl-d66000.jpg
昭和36年のステレオの広告です。三菱 DSS-318。レトロなデザインです。この頃の電化製品の広告は現金正価と月賦正価の二つが併記されていることがとても多いです。月賦で買うということが日常であったというか、月賦でないと買えなかったということです。「月賦」という言葉自体が懐かしい響きです。このステレオの価格は公務員初任給の5〜6倍の値段です。

stereo.jpg

昭和36年にステレオを見た記憶が私にはありません。昭和40年も少し経ってようやく友人の家にあったステレオを見ました。テレビもそうでしたが、私が初めて見たステレオも厳かに布のカバーをすっぽりかぶせられていました。

Yahoo Auctionで、いい感じのものを見つけました。
080513yahoo-stereo.jpg



現在の「Tivoli」も好きなデザインです。

tivoli-1.jpg

こうして正面から見てみると,何気なく昭和レトロなデザインです。昭和50年代のコンパクトカメラですからまだ新しい部類ですかね。35mmカメラというものはレンズと腕さえしっかりしていればいい味を出してくれるものだと思います。「モータードライブ」とありますが、連続撮影でなく、自動巻き上げのことです。

yashika-md.jpg

このカメラで撮影した写真が見られます。
この方非常に雰囲気のある写真をお撮りになります。


この広告のデザインは大胆すぎませんか。ある意味すごいです。ある意味レトロです。そして,テンのラジオを買えば、テレビ・カメラ・洗濯機などが当たると書いてある。もし当たれば、まさに「幸運を呼ぶ!!」だろう。

080503ten.jpg
アサヒグラフの広告(昭和29年)

「神戸工業株式会社」は現在の富士通テン(Fujitsu Ten)の前身。昭和43年に富士通株式会社と合併し、昭和47年にラジオ部門が独立し富士通テン株式会社となった。その後トヨタが資本提供したことで、トヨタ車のカーラジオは富士通テンが制作していた。現在もカーナビやカーオーディオで頑張っている。
NIKON EMのデザインはイタリアのデザイナー「ジウジアーロ」が手がけました。今となってはレトロと呼ばれるのでしょうか。どこか、優しさが感じられます。

昭和56年。私がカメラの市民学校に通い始めた年。私がそのために初めて買ったカメラがNIKON EMでした。発売開始は昭和55年3月。「リトルニコン」と呼ばれ、小さくて軽かった。その頃既に写真を趣味としていた友人たちはNIKONの上級機を大事そうに持っていましたが、私には予算がなかった。それでも、私はこの機種が気に入っていて、色々なものを撮りに街を歩きました。アンデパンダンの展覧会にペンギンの写真を出品したことが昨日のことのように思い出されます。
080430nikonem.jpg


dengasa.jpg昭和20年前後のものでしょうか。私の寝室にぶら下がっている電傘。お気に入りのデザインです。ミルクガラスの優しい感じが昭和レトロを感じさせます。「電傘」というのは今はランプシェードというみたいですね。

これはソケットの口がひとつですが、後々二股や三つ股のものが出てきて、そのバリエーションも色々とありました。特にソケットに紐でぶら下げたスイッチがついたときには、その便利さに驚きました。

今は60wで使っています。


楽天ではこれがデザインがいいですね。昭和のものを探すより安いです。
dengasa-rakuten.jpg
レトロな味の残るデザイン。昭和54年に発売されたカメラ、オリンパスOM10は、TTLダイレクト測光方式を採用し、アルミダイキャストボディー。絞り優先のAE機。普及機であり、その性能には首を傾げる方も多いと思うけれど、デジカメ全盛の今となってはそのボディに存在感があると思う。絞り優先のAEというのは割り切っていていい。あの頃は機能を割り切って価格を抑えた一眼レフが各社から発売された。そのせいだろうか、現在所有しているGR DIGITALも絞り優先のAEで使用している。

080426om10-2.jpg

profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」
Powered by Movable Type 4.21-ja

wish Rakuten















link

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メール