テレビ: 2008年6月アーカイブ

昭和レトロなデザインです。昭和40年代後半の紙袋です。ナショナルの「パナカラー」が懐かしい。「クイントリックス」はステレオ放送のことですね。昭和の時代には「音声多重」と表現していたかもしれません。坊屋三郎さんが外人とやりとりしていたCMが流行りました。

panacolor.jpg

カラーテレビの本放送は昭和35年に始まりましたが,まだまだ庶民の家にはカラーテレビなどなかった。カラーテレビの普及は,やはり昭和40年代に入ってからのことでした。あの頃,各メーカーはテレビに漢字の名前を付け,カラーに片仮名の名前を付けました。ナショナルの「嵯峨」は「パナカラー」,三菱の「高雄」は「ネオカラー」,サンヨーの「薔薇」は「サンカラー」,東芝の「名門」は「ユニカラー」そして日立の・・・日立のテレビに名前がついていたのを思い出せません。カラーは「キドカラー」,あの九官鳥みたいな「ポンパ」くんを思い出さずにはいられません。

profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」

my design site

  • 花のデザイン
    2009年カレンダー・雑貨

2008年6月: 月別アーカイブ

メール

2008年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 4.1

useful

  • ブックマークに追加する


  • にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2 Blog Ranking

WISH LIST






















link