自動車の最近のブログ記事

梅雨明けの連休に、昭和の車雑誌を開いてみる。ジウジアーロデザインの「いすゞ117クーペ」の写真を見て涙が出てしまう。

117copupe-2.jpg

昨今の車は、私には車種の判別がつきにくい。デザインよりも経費を重視しているのが明らかに分かる。そして、興味が無くなる。街を歩いていて、目を引く国産車など一台もないのである。メーカーは勘違いをしているのではないだろうか。車の価格を安くすれば売れるのだと。費用をかけて、細部を丹念に作り、全体としてすばらしいデザインを築き上げたものなら、大人は買うのではないだろうかと思う。デザインをないがしろにして、安いものを作るから、どうせならもっと安いものをと消費者は思ってしまう。そして、デザイナーもデフレの厚い壁に俯いてしまうのではないだろうか。

「いすゞ117クーペ (PA90型) 」昭和34年式
全長   4280mm
全幅   1600mm
全高   1320mm
車両重量   1050kg
最高速度   190km/h
エンジン形式   G161W型
水冷直列4気筒DOHC1584cc
最高出力   120ps/6400rpm
最大トルク   14.5kg-m/5500rpm

当時の117クーペのボディは、大まかなラインだけを機械で作り、あとは手作業で作り上げた。ハンドメイド117なのである。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

スズキ・ラパン

| | トラックバック(0)
スズキにLapinという車があるのは知っていたけれど、フランス語で「うさぎ」という意味で、フロントのエンブレムにうさぎがいるとは知らなかったのです。昭和のデザインとは思わないけれど、思わず携帯のカメラで撮ってしまった。

lapin.jpg

スズキといえばセルボが印象深いですね。水冷2スト3気筒、なんとRRでした。あのジウジアーロのデザインをベースとして登場したフロンテクーペの後継車。軽の新規格550ccで、とてもスポーティーに走ったことを覚えています。Wikipediaに写真があります。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

スバル・360

| | トラックバック(0)
前を走る車の後部デザイン。昭和らしいデザインです。これ,なんだろうと,思わず携帯電話のカメラで撮影してしまいました。

subaru-pleo-nesta.jpg

ネットで調べると,1999年に発売されたスバルの「PLEO NESTA」です。カタログをお借りしました。

subaru-pleo-nesta2.jpg

スバルといえば,スバル・360です。正式に発表されたのが昭和33年3月3日だそうです。

私も乗ったことがあります。あの頃,車にエアコンなんてついていませんでした。私の乗ったスバルは8トラックのカセットがついていました。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和42年のブルーバードの広告写真。今見ても違和感のないデザインです。

bluebird.jpg

このブルーバードは3代目の510型だと思います。デザイン的にはこの前の410型のセダンが人気があったと思います。昭和40年代,日産のブルーバードとトヨタのコロナが販売競争をしていました。でも,若者には断然ブルーバードの支持が高かったように記憶しています。と言っても私が普通車の免許を取るのは昭和50年になってからなので,あくまで中古車市場での記憶なのですが,"「だんぜんブルーバード」という声が高まるばかりです。"というコピーも頷けてしまうのです。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

トヨペットコロナ1500DX。昭和39年です。素晴らしいデザインだと思います。見ていて飽きません。コラム3速ミッションもたまりません。 

corona1500.jpg

それにしても,昭和の時代の車のデザインはどれも個性があり素敵でした。今は,どの国産車も似たようなデザインに成り下がっていませんか?不思議に思うのは,昭和のデザインのボディに今のエンジンを積んでメーカーが売り出せばきっと反響があるだろうに,ということ。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
いすゞジェミニ。これは昭和58年式。いすゞの自動車は,当時の他のメーカーのものとは少し違ったデザインをしていました。発売当初は「ベレット・ジェミニ」と呼んでいたような気がします。

isuzu-gemini.jpg

私が初めて買った普通乗用車がジェミニでした。もちろん中古車です。たしか,私のは1600ccのマニュアル車。あの頃,ジェミニのディーゼル車も魅力でした。

昭和40年代から,いすゞの自動車はどれも素敵なデザインをしていました。ジウジアーロが手がけたデザインのものがあるはずですが,それが何代目のジェミニなのか判然としません。写真のものは私が買ったジェミニより何年か新しいものですね。1800ccのオートマチックです。写真を見ていると,今でも欲しくなります。

昭和41年式のボンネットバスです。堂々としたデザインです。レトロな生き物のようでもあります。いすずのTSD40。岩手県で走っていたバスです。乗客の定員は補助席を入れて19名。三角窓があるのが分かるでしょうか。内側からクルクルとレバーを回して開けます。

bonnetbasu-1.jpg

エンジンは最近オーバーホールされていて,手入れも行き届いています。エンジンをかけてみると,さすがに大きい音がします。どこか懐かしい音です。うれしそうな音です。

bonnetbasu-2.jpg

運転席です。レトロです。ハンドルの真ん中にいすゞのマークがあります。床は板張りです。運転したいです。

bonnetbasu-3.jpg

昭和40年代の初めは,路線バスのルートといえども,まだ狭い道も多かった。そんな道では,バスは民家の軒すれすれに走りました。左のミラーが民家の樋と数センチの間隔ですり抜けていきます。子どもの私はただただ「すごいなぁ」と驚くばかりでした。どこか暖かかった昭和です。
世の中にはすごいものがあるものですね。驚きます。ダットサン初代ブルーバード・・。ワンオーナー。雨の日には乗らなかったという車。世界にこれ一台だけでしょうね。こうなると文化遺産ですよ。室内室外ともにそのデザインには唸ります。レトロです。私はどんなに高価な美術品よりもこの車が欲しい。しかし、この車に愛情を注ぎ続けることのできる方でないと買う資格はないでしょう。残念ながら私にはその自信はないです・・。日産はこの車を買い取らないのでしょうかね。そして公に見せてあげたらいいのにと思います。ダットサン・・思い出に残る名前です。

080505bluebird.jpg

080505bluebird-2.jpg

★初代ブルーバードP311型
ジウジアーロは多くの国産車のデザインを手がけました。何といっても、昭和43年に発売された、いすゞの「117クーペ」でしょう。そのデザインの美しさは圧巻でした。レトロというだけではすまないデザインです。私も数年間117クーペの中古車に乗っていた時期があります。飽きない車でした。素敵な車でした。XE・・・また乗りたくなってきましたね。

なんと、ワンオーナー車を売っています。(*0*;)☆

117coupe.jpg

profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」
Powered by Movable Type 4.21-ja

wish Rakuten















link

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メール