飲食の最近のブログ記事

ファーストキス

| | トラックバック(0)
昭和なのか、大正なのか分からないデザインのキリンビールのポスター。
紺色の服と背景に唇の朱が効いている。

kirinposter.jpg

「ファーストキスの相手って、ずーっと忘れられないもの?」
昭和のテレビドラマを見ていたら、女の子が言った。
私はファーストキスの相手を覚えていない。なんとしても思い出せない。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和の3階建ての酒屋さんの壁に描かれた麒麟。やはりデザインが素敵です。

soraotobukirin.jpg

昭和の酒屋さんは忙しかった。

店を入ると木のカウンターと木の丸いスがあり、そこで昼間から日本酒をちびりちびり飲んでるおじさんがいた。そんなお客さんの対応をしながらも、町内のお得意さんへの配達もしなければならない。なにせ車など持っている家庭は極端に少なかったので、ビールなどは配達を頼むことが多かった。酒屋さんは配達をしながらお得意さんの御用聞きもしなければならない。家庭に電話もなかったからだ。希にお酒を頼むことを忘れていて、父親が帰ってくるまえに母親が気づいたときには、小学生だったわたしは決まってお使いを頼まれた。まだ小さいので、頼まれるのは土佐鶴の5号瓶だった。野犬のいなそうな道を選んで酒屋さんまで歩いて行く。

2階には司牡丹。3階の壁に麒麟。昭和のことを思い出す。麒麟よ。寒風吹きすさぶ年の瀬の青空に敢然と飛んでいくか。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

瓶は十円

| | トラックバック(0)
昭和を思い出すコカコーラの瓶。復刻版デザインで、「コカコーラナショナルビバレッジ」の記載がある。現在の販売者は「コカ・コーラ カスタマーマーケティング」である。

cocacola3.jpg

あの頃、液体は須らく瓶で売られていた。お酒や、醤油も瓶。販売するときには瓶の料金が含まれていた。だから、コーラの瓶を返しに行くと、10円が貰えた。あの頃の子どもにとって10円は貴重だった。
一日の小遣いが10円を超えることはなかった。瓶が道や公園などに捨てられていることは全く稀なことだったけれど、その千載一遇のチャンスにめぐり合えたときは嬉しかった。瓶を持って酒屋さんまで走った。そして、駄菓子屋さんのおばさんからメンコを買い、親の裁縫鋏で切り取った。

風邪で学校を休んだときは、加奈代ちゃんが給食のコッペパンを届けてくれた小学校の頃の思い出。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

リッツとミレー

| | トラックバック(0)
「リッツ」が日本で発売されたのが昭和46年。紺と黄を使った相変わらずのデザインだと思います。ただ、昔は紺色の周りの黄色の縁取りはありませんでした。

ritz.jpg

ヤキザキナビスコは昭和45年に創業、その最初の商品として発売された「リッツ」。昭和40年代にもなると、お菓子屋さんが存在していて、チョコレートやスナック菓子、パンなどを売っていた。その中で、土佐で美味しいとされていたのが「ミレービスケット」昭和30年頃から販売していたようです。揚げたビスケットであるところはリッツと同じですが、リッツよりも深い味がした思い出があります。野村煎豆加工店が今も販売しています。"豆の野村"として土佐では有名です。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和のインスタントラーメン。チャルメラ。デザインが少しずつ変わっている。

tyarumera-quo.jpg

このQUOカードの写真ではわからないが、昭和のチャルメラおじさんはズボンの膝の部分につぎはぎをしていた。それが、いつ頃からか、つぎはぎが無くなり、今では髭が無くなり、黒猫もいない。

tyarumera2.jpeg


つぎはぎが無くなったときは、消費者からの「屋台を営む人への偏見」というクレームに対して明星食品が対応したという。しかし、チャルメラが発売されたのは昭和41年。つぎはぎは常識だった。チャルメラおじさんも、物を大事にした時代の象徴として昔のままでいた方がいいと思うのは私だけだろうか。


ちなみにチャルメラの前は昭和37年発売の「明星ラーメン」

myoujyouramen.jpg


これはとても懐かしい。夏休みの昼ご飯、私は自分でこのラーメンを作って食べていた。まだガスバーナーをマッチで着火しなければならない時代のことである。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

アマポーラ

| | トラックバック(0)
昭和の時代には、あんぱんとジャムパンとクリームパン、この三つが菓子パンの代表でした。あんぱんといえば木村屋です。明治7年に銀座で売り出されたというのですからその歴史はすごいものです。明治8年4月4日に明治天皇に献上されたことから、4月4日は「あんぱんの日」になっているそうです。

しかし昭和30年代にあんぱんを食べた記憶がありません。あの頃のパンといえば給食のコッペパンだったし、おやつはサツマイモを蒸かしたものが日常でした。近所の駄菓子屋さんにあんぱんはなかったのです。

anpan.jpg

あんぱんの上にのっているツブツブはひなげしの種です。ひなげしはスペイン語でアマポーラ。1924年に作られた「アマポーラ」という歌があります。ロバートデニーロ主演の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」の挿入歌としても使われました。あんぱん以上に甘い歌です。昭和56年でしたか・・・山下達郎の「ON THE STREET CORNER 2」の一曲目がこの「アマポーラ」です。当時、東京へ向かう新幹線の中で、友人に借りたウォークマンで聞き続けた曲です。恋していた昭和です。

AMAPOLA, my pretty little poppy,
You're like that lovely flow'r so sweet and heavenly.
Since I found you,My heart is wrapped around you.
And loving you, it seems to beat a rhapsody.
AMAPOLA,the pretty little poppy must copy its endearing charm from you.
AMAPOLA,AMAPOLA,How I long to hear you say "I love you."
(出典:Wikipedia)
作詞:ALBERT GAMSE/作曲:JOSEPH M. LACALLE/


サクマ式・・・

| | トラックバック(0)
昭和を思い出させるデザインのドロップ缶です。

sakumadrops.jpg

千葉県出身の佐久間総治郎が国産のドロップを完成させたのは明治41年のこと。このときの名称は、正確には「サクマ式ドロップス」が登録商標です。ところが、この缶をよく見ていると、サクマドロップスになっています。調べてみると、佐久間製菓は戦後、佐久間製菓株式会社とサクマ製菓株式会社に別れたらしい。創業者のサクマ式ドロップスを引き継いだのは、佐久間製菓で、わたしが買ったのはサクマ製菓です。だから、サクマドロップスになっているのです。

こうなれば、今度はサクマ式を買ってみるしかないと思いますね・・・。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和40年代後半でしょうか。保温ジャーです。蘭の花のデザインが昭和です。メーカー名がダイクラウンと書いてあるのですが、検索してもそのような会社は見つかりません。自分で使ってみようかと思いつつ、デッドストックになってしまいました。

jar.jpg

昭和30年代はもちろん保温ジャーなどというものはなく、「おひつ」でした。

ohitu.jpg

夕食の時間になると、母親が丸いちゃぶ台の横までお櫃を抱えてきて。蓋を開けるとほんのり湯気が立った。あの頃、テレビを見ながら食事するなんていうことはもってのほかだった。食事ができるということそのものを大事にしていた昭和です。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
仮面ライダーは昭和46年から放映された。写真は「仮面サイダー」潔いネーミングのサイダーで、仮面ライダーの姿をデザインしているが、このシリーズは全部で9種類あるようだ。DYDOの復刻版シリーズである。

kamencider.jpg

残念ながら、テレビの仮面ライダーはほとんど見たことがない。やはり私の年代はウルトラQとウルトラマンだろうか。いや、実写としては月光仮面か。あの頃私は風呂敷をマントにして、駄菓子屋で売っていた白縁のサングラスをかけて、風を切って走っていた。親からしかられて家を追い出されることも度々だったが、いつも、近所の家で受け入れてもらい、お菓子を食べたりしていた。そうこうしているうちに親が迎えに来るのである。町内が共同体のようなものだった昭和。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和の喫茶店

| | トラックバック(0)
昭和を思い出させるデザインの手洗い。初めて入ったお店で思わずシャッターを切ってしまった。

tearai.jpg

昭和30年代、喫茶店でモーニングサービスというものが始まった。発祥は愛知県らしい。私がモーニングサービスを体験するのは昭和40年代のことだけれど、コーヒーと半分に切られたトースト。そしてゆで卵がひとつ。それで充分だった。あの頃は街に小さな喫茶店がいくつもあったが、今は一軒一軒と閉店してしまい、ファミレスやファーストフードに取って代わられた感がある。あの頃はマスターやママさんと話をするのがひとつの楽しみであったが、今は望むべくも無い。

先日、スティーブマックィーンの「パピヨン」を見た。日本での公開は昭和49年。胸に蝶の刺青をした男の脱獄の物語だけれど、アンリ・シャリエールという人の自伝を原作にしたものだ。男の蝶の刺青を見て、太腿に薔薇の刺青をした娼婦のことを思い出した。そして、今日交叉点で信号待ちをしていると、目の前をミニスカートで自転車に乗った女の子が駆け抜ける。その白い左太腿に蝶の刺青。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和を思い出させるデザインのコカコーラの190ml瓶。今でも、売られています。

cocacola.jpg

コーラとは、コーラ・ナッツのエキスを用いて作られているから。コカとはコカの葉のこと。もちろん、現在のコカコーラにはコカの成分は入っていない。

コカコーラについては、昭和30年代に色々なことが言われた。コールタールが入っているだとか、コカインが入っているから中毒になるだとか。コーラを飲むと歯が溶ける。そして、瓶の底の横側にくぼんだ部分の形によって、四角は辛口で、丸は甘口だとか。まあ、コーラの色を見て、飲み物であるという認識ができなかった当時の日本人としては、色々な噂話をまことしやかに語るには絶好の対象だっただろうと思う。

あの頃、喫茶店に行けば、コーラに輪切りのレモンを添えたものがメニューにあったのだが、今でもあるのだろうか。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和を思い出すカレーとデザインがあたたかい砥部焼のお皿。

curry.jpg

昭和20年代に、そんなにFATな大人はいなかったように思う。昭和30年代には「中年太り」なる言葉がそこここで聞かれるようになった。そんな時代に、子どもたちの一番のごちそうはカレーライスだった。近年の調査ではカレーの消費量は減少の一途をたどり、子どもの好物にはカレーライスのほかに、寿司やオムライス、ハンバーグやパスタが入っている。

寿司には驚く。正月以外に寿司なんて家庭で見たこともなかった。希に、酔っぱらった父親が夜遅くに帰宅したときに寿司折りを持って帰ることがあったが、それも、食べ残しを大事に持ち帰ったものだった覚えがある。土佐の男は食べずに呑む方が多い。

カレーを思い出すとき、必ず、じゃがいもと人参の姿が蘇る。だから、FATにならないようにと、肉とタマネギだけでカレーを作ってみた。いったいカロリーがどれほど違うのかは分からないが、このほうがいい。汗をかきながら、じゃがいもの入っていないカレーをひとりで食べる。夏の夜。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

路地トマト

| | トラックバック(0)
昭和の頃、庭には実がなるものを植えたものです。無花果などはどの家にもあった。無花果が熟れて、少しはじけたところに蟻が群がる。無花果をもぎる子どもは蟻を手で払ってからかぶりついた。

tomato.jpg

庭で赤くなっていたトマトを摘む。雨の夜、真っ暗な中で濡れながら摘む。ついでにと、剪定をしていると、本元の茎を切ってしまって驚いた。大雨の中で驚いた。

トマトの旬は夏である。昭和のトマトは何とも言えない香りがした。友達の農家で栽培している路地トマトを一つもらい、暑い日差しの中で塩をかけて囓ると、夏の匂いがした昭和。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
明治時代から昭和初期にかけて外国人の避暑地として栄えた長崎県雲仙市の温泉地「雲仙」で愛飲されたレモネード。温泉レモネードと書いて「うんぜんれもねーど」。大正時代を感じさせるデザインです。女性はアメリカのノーベル賞作家パール・バックをイメージしたものとされている。

onsenlemonade.jpg

梅雨入りの時節なのに暑い日が続き、昼間に飲んだレモネードの空き瓶が、電球色に染まる。あの頃は蛍光灯はまだ少なかった。四畳半に電球一つはあたりまえだった。天井からぶら下がったソケットを二股にして、そこからラジオの電源を取っていた昭和。お金もなかったし、愛する女性もいなかった。それでも、幸せだった。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

五月のサイダー

| | トラックバック(0)
晴れた日の午後に自転車で買い物に出かけ、汗を少しかいたから飲んだスワンのサイダー。ラベルのデザインが昭和のままのようです。

cider.jpg

佐賀県小城市にある友桝飲料は創業明治35年。当初はラムネの製造をしていたようですが、戦後にこのサイダーも発売されました。上質な甘みとキリッとした炭酸がとてもいい味を出していると思います。

昭和30年代、家にサイダーなんてありませんでした。冷蔵庫がなかったので、氷もない。そんな中でも懐かしいのは「渡辺のジュースの素」です。ガラスのコップにジュースの素を入れ、水道の水を注ぎ、お箸でかき回してできあがり。少しでも冷たく飲むこつは、水道水をしばらく出しっぱなしにしてから、コップに入れることでした。

 

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
デパートはバレンタイン商戦で忙しい。昭和から続くデザインのペコちゃんも生チョコを販売していました。

milkychoco.jpg

バレンタインデーにチョコを送るという日本の慣習はいつから始まったのでしょう。いろいろ説があるようですが、判然としません。

昭和30年代にはありませんでした。昭和40年代には広まっていました。40年代にはチョコだけでなく、手編みのマフラーとか、手袋までもらった記憶があります。甘酸っぱい昭和の記憶です。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
どこか昭和を感じさせるデザイン。今石電機製作所の「レトルトクッキング」。水を使わずに、レトルトパウチを暖める機械です。

retorutocooking.jpg

昭和のレトルトといえば「ボンカレー」です。昭和43年に発売された「ボンカレー」だが、あまり食べた記憶がない。カレーは母親が大鍋にたくさん作っておき、それを毎日温め直して食べるというのがあの頃のカレーだったように思う。ある友達の家は、いつ行ってもカレーがあった。不思議だった。

先日、30年ぶりにその友達の家を訪ねると、だいぶん年老いた友達の母親が出てきて、「カレーがあるから、食べていきなさい」と私に言う。不思議は、もっと不思議になった。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

浦島海苔万歳

| | トラックバック(0)
昭和のデザインとは違っているが、あの頃、西日本で海苔と言えば浦島海苔だった。平成に入って次第に他のメーカーに押されるようになるが、最近蘇った浦島海苔。ホームページも丁寧に作られています。

urashimanori.jpg

浦島海苔株式会社の創業は大正3年。おかずがなければ海苔で食べる、とはいかなかった昭和。まだ貧しかった私たちには、海苔はごちそうだった。おかずがないときは、塩か醤油をかけて、ごはんを食べていた。海苔で巻いたおにぎりも高級に見えた。だから、お正月に母親が作る太巻き寿司などは、やはり年に一度食べるにふさわしいものだったと言える。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和を思い出すデザインの永野旭堂のぼうしパン。味もどこか懐かしい。

boushipan.jpg

昭和30年代に永野旭堂が作り出したぼうしパン。元祖が永野旭堂ということは、世界で初めてということです。あの頃、高知に住んでいる間はこのことを知りませんでした。ぼうしパンはもっともポピュラーなパンだったのですから。

スリーエフが2007年に4週間限定で販売したので、全国にこのぼうしパンのファンも多いとか。

キリンビールのロゴです。昭和18年ごろのデザインです。麒麟麦酒株式会社製造。戦時中ということでしょうか、非常に質素なデザインです。麒麟のマークがないのは、麒麟が中国の故事から生まれた生き物だからなのでしょうか。いろいろと勘ぐってしまいます。

kirinlogo-6.jpg

ロゴを見つめていると、なぜか、向田邦子さんの「あ・うん」を思いだし、しみじみとしてしまう秋です。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

アルミの弁当箱

| | トラックバック(0)
昭和40年代でしょうか。レトロなデザインのアルミの弁当箱。懐かしいです。当時、このおかず入れが画期的でした。醤油入れまで付いています。

bentoubako.jpg

日軽アルミニウム工業の弁当箱です。当時、父親がこの弁当箱を使い始めたとき、羨ましくて仕方なかった。おかず入れに入るのは前の晩の残り物だったが、憧れのお弁当でしたね。あの頃、ご飯の真ん中に梅干しを一つ置いて、日の丸弁当にするのが普通のことだったので、梅干しの酸の影響でふたに穴が開いたという話を聞きましたが、実際に見たことはありません。

ひとつ。今でもわからないことがあります。ご飯の部分とおかずの部分を隔てる敷居がありますが、この端がカーブを描いていて直線ではないこと。この部分はどう使うのが正解なのでしょう・・。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和37年から放送された「てなもんや三度笠」の劇中CMで藤田まことさんが「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー」と宣伝していた前田製菓のクラッカー。デザインは子供の頃とは変わっている気がします。でも、左上にきちんと「あたり前田の」と書かれています。前田製菓は大正7年5月5日創業。前田製菓株式会社設立は昭和32年です。

maedanocracker.jpg

ちなみにクラッカーというのは塩味の強いビスケット。甘みの強いビスケットはクッキー。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

明治時代のキリンビールのロゴです。凄いデザインです。私には作れませんね。

ウィリアム・コープランドが設立した「スプリング・バレー・ブルワリー」を起源としているキリンビール。このロゴには「JAPAN BREWERY COMPANY」と書かれています。

kilinlogo-meiji.jpg

これはやはり麒麟をデザインしているのですよね。なんだか怖いです。顔は龍で、牛の尾に馬の蹄、歩いた跡は正確な円になり、曲がるときは直角に曲がる。そして1千年生きるという麒麟・・。やはり少し怖い。しかし神聖な幻の動物とされ、麒が雌で麟が雄とされる。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和33年頃に発売された永野旭堂のニコニコパンです。昭和レトロなデザインが暖かいです。

nikonikopan.jpg

昭和33年頃にこのようなパンを発売したというのは凄いことだと思います。昭和30年代にパンを食べる家庭生活は、少なくとも、私たちにはなかった。パンというのは学校の給食で出るコッペパンのことでした。給食のコッペパンはほとんど味も付いていないようなものでしたが、希にマーガリンが添えられていることがありました。そのときは嬉しかったですね。

そんな30年代に砂糖のざらざらとした食感が残るクリームを挟んだニコニコパンを発売するというのは斬新なことだったと思います。

高知の永野旭堂といえば、「ぼうしパン」を最初に作ったことで有名です。しかし「ぼうしパン」を県外では見かけませんねぇ。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和のデザインの森永ミルクキャラメルのパッケージです。大正時代のデザインも描かれています。

morinaga.jpg

登録商標のエンゼルマークが懐かしいです。コンビニで見かけて思わず買ってしまいました。実は中身はキャラメル風味のチョコレートです。あの頃,キャラメルといえば,森永ミルクキャラメルか江崎のグリコだったと思います。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



ついつい買ってしまったミルキー。48円でした。昭和らしいデザインにかわりはありません。

milky-3.jpg

ただし,ペコちゃんが登場した当時は複数のデザイナーによって描かれていたらしく,いろいろなかおのペコちゃんが存在しました。舌も右に出ているペコちゃんもありました。食べてみると,やはり美味しいです。今度は袋入りを買って大玉のミルキーをゲットしたいと思います。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和のデザインの象徴かのような不二家のペコちゃん。我が家のレトロなペコちゃんです。

pecochan.jpg

ペコちゃんは,昭和40年ごろにはどこのお菓子屋さんにもあったような気がします。あれ?お菓子屋さん,というのも死語でしょうか。あの頃はお菓子だけを売っているお店がありました。遠足の前の日は普段買えないお菓子を買いに,たくさんの子どもが足を運びました。遠足に持っていけるお菓子の購入金額は学校で決められていて,だいたい50円くらいだったと思います。

「バナナはお菓子の中に入りますか?」
先生にこう質問する子どもが必ずいました。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

「恋源」・・・。すごいですね。昭和の風邪薬「改源」のデザインも商品名もきっちり拝借してます。

koigen.jpg

改源の発売元は大阪の株式会社カイゲン。「恋源」は大阪の有限会社「研」。関西の魂はここにあるのかと感心してしまいます。「恋源」のパッケージには

・恋愛総合補助甘味菓子
・恋してまんねん
・情熱表現含有

などと書かれており,最後に,

・この商品はパロディであり実在するものとは一切関係ありません

と書かれています。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和のデザインの三ツ矢サイダーですが,ダイドーが復刻堂ブランドで発売しているらしい。アルミ缶です。

mitsuyacider-dydo.jpg

暑い日が続いて,ついつい自販機の前でため息をつく日が多くなってきた。まだ春なのに・・。で,ダイドーの自販機を覗いてみると,何故かアサヒ飲料の三ツ矢サイダーがそこにある。「三ツ矢シャンペンサイダー」と呼ばれたこともある三ツ矢サイダー。自販機に120円を入れて飲んでしまいました。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和レトロを感じさせるデザインの「指宿温泉サイダー」のラベルです。

cider-ibusuki.jpg

鹿児島県の地サイダーです。指宿が「東洋のハワイ」と言われた頃のイメージのラベルには池田湖の「イッシー」も描かれています。ソーメン流しで有名な開聞唐船峡の天然湧水を使用して作られているそうです。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」
Powered by Movable Type 4.21-ja

wish Rakuten















link

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メール