菓子の最近のブログ記事

リッツとミレー

| | トラックバック(0)
「リッツ」が日本で発売されたのが昭和46年。紺と黄を使った相変わらずのデザインだと思います。ただ、昔は紺色の周りの黄色の縁取りはありませんでした。

ritz.jpg

ヤキザキナビスコは昭和45年に創業、その最初の商品として発売された「リッツ」。昭和40年代にもなると、お菓子屋さんが存在していて、チョコレートやスナック菓子、パンなどを売っていた。その中で、土佐で美味しいとされていたのが「ミレービスケット」昭和30年頃から販売していたようです。揚げたビスケットであるところはリッツと同じですが、リッツよりも深い味がした思い出があります。野村煎豆加工店が今も販売しています。"豆の野村"として土佐では有名です。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

サクマ式・・・

| | トラックバック(0)
昭和を思い出させるデザインのドロップ缶です。

sakumadrops.jpg

千葉県出身の佐久間総治郎が国産のドロップを完成させたのは明治41年のこと。このときの名称は、正確には「サクマ式ドロップス」が登録商標です。ところが、この缶をよく見ていると、サクマドロップスになっています。調べてみると、佐久間製菓は戦後、佐久間製菓株式会社とサクマ製菓株式会社に別れたらしい。創業者のサクマ式ドロップスを引き継いだのは、佐久間製菓で、わたしが買ったのはサクマ製菓です。だから、サクマドロップスになっているのです。

こうなれば、今度はサクマ式を買ってみるしかないと思いますね・・・。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
デパートはバレンタイン商戦で忙しい。昭和から続くデザインのペコちゃんも生チョコを販売していました。

milkychoco.jpg

バレンタインデーにチョコを送るという日本の慣習はいつから始まったのでしょう。いろいろ説があるようですが、判然としません。

昭和30年代にはありませんでした。昭和40年代には広まっていました。40年代にはチョコだけでなく、手編みのマフラーとか、手袋までもらった記憶があります。甘酸っぱい昭和の記憶です。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和37年から放送された「てなもんや三度笠」の劇中CMで藤田まことさんが「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー」と宣伝していた前田製菓のクラッカー。デザインは子供の頃とは変わっている気がします。でも、左上にきちんと「あたり前田の」と書かれています。前田製菓は大正7年5月5日創業。前田製菓株式会社設立は昭和32年です。

maedanocracker.jpg

ちなみにクラッカーというのは塩味の強いビスケット。甘みの強いビスケットはクッキー。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和のデザインの森永ミルクキャラメルのパッケージです。大正時代のデザインも描かれています。

morinaga.jpg

登録商標のエンゼルマークが懐かしいです。コンビニで見かけて思わず買ってしまいました。実は中身はキャラメル風味のチョコレートです。あの頃,キャラメルといえば,森永ミルクキャラメルか江崎のグリコだったと思います。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



ついつい買ってしまったミルキー。48円でした。昭和らしいデザインにかわりはありません。

milky-3.jpg

ただし,ペコちゃんが登場した当時は複数のデザイナーによって描かれていたらしく,いろいろなかおのペコちゃんが存在しました。舌も右に出ているペコちゃんもありました。食べてみると,やはり美味しいです。今度は袋入りを買って大玉のミルキーをゲットしたいと思います。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和のデザインの象徴かのような不二家のペコちゃん。我が家のレトロなペコちゃんです。

pecochan.jpg

ペコちゃんは,昭和40年ごろにはどこのお菓子屋さんにもあったような気がします。あれ?お菓子屋さん,というのも死語でしょうか。あの頃はお菓子だけを売っているお店がありました。遠足の前の日は普段買えないお菓子を買いに,たくさんの子どもが足を運びました。遠足に持っていけるお菓子の購入金額は学校で決められていて,だいたい50円くらいだったと思います。

「バナナはお菓子の中に入りますか?」
先生にこう質問する子どもが必ずいました。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

「恋源」・・・。すごいですね。昭和の風邪薬「改源」のデザインも商品名もきっちり拝借してます。

koigen.jpg

改源の発売元は大阪の株式会社カイゲン。「恋源」は大阪の有限会社「研」。関西の魂はここにあるのかと感心してしまいます。「恋源」のパッケージには

・恋愛総合補助甘味菓子
・恋してまんねん
・情熱表現含有

などと書かれており,最後に,

・この商品はパロディであり実在するものとは一切関係ありません

と書かれています。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
ミッフィーのデザインで包装されたキャンディー。ストロベリーヨーグルト味。昭和の時代から飴玉は子どもの人気のお菓子です。

miffy-candy.jpg

甘いということは美味しいことだった昭和30年代。カンロ飴は高級な飴だった。ほかの飴玉と同様にばら売りだったけれど,一つ一つが綺麗に包装され,たしか1個2円だったと思う。まだ,1個50銭,つまり2個で1円という飴玉があった時代です。ちなみにカンロ飴は醤油味です。口に含むと,大きいなぁ,と満足したことを思い出します。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ


甘いパインアメ

| | トラックバック(0)
昭和26年に完成したパインアメ。当時のデザインをよく覚えていないのですが,パインなど高級すぎた時代のパインアメです。

pineame.jpg

缶詰のパイナップルには輪切りの形で缶に重ねて詰められているものと,屑になったものが詰められているものがありました。どちらにせよシロップが美味しかったですね。甘いというだけで美味しかった昭和です。

森永チョコフレーク。懐かしいデザインです。チョコフレークの発売は昭和42年。不二家のミルキーチョコレートと同じ年です。これも復刻版です。

morinaga-chocoflake.jpg

森永というとエンゼルマークです。エンゼルマークは,創業時に販売の中心としていたマシュマロが「エンゼルフード」と呼ばれていたことに由来します。マークにTMとあるのは創業者森永太一郎さんのイニシャルだと思います。
昭和レトロなパッケージデザインの不二家のミルキーチョコレートです。
復刻版です。

fujiya-milkychoco.jpg

ミルキーの販売が昭和26年。ミルキーチョコレートは昭和42年。中は板チョコではなくて,一個一個別れた形で12個入っています。こういうパッケージになったお菓子は,子どもの頃にはなかなか買えなかったですね。遠足の前の日に買ってもらうのが精いっぱいでした。

何度振っても

| | トラックバック(0)
深夜にファミリーマートに寄ると,「R45フェア」というものをやっていて思わず手にしたドロップですが,これは昭和のものと全く同じデザインなのかどうか,どうも判然としません。6種類のフルーツ味(グレープ、レモン、ストロベリー、パインアップル、オレンジ、メロン)にハッカ味を加えて、7種類のドロップが入っています。

meiji-drop.jpg

缶を斜めに傾けてドロップを手のひらに出します。私はハッカが嫌いだったので,ハッカ味が出てくると缶の小さな穴からもとにもどしました。やがて,何日か経つと缶の中はハッカ味の白いドロップだけになってしまいます。

何度缶を振っても白いドロップしか出てこなかった日。まだ幼い日。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
レトロな昭和40年のパッケージだそうです。背景にはアーモンドの花がデザインされているのですね。これを見て初めて気付きました。

glicoalmond.jpg

アーモンドグリコの発売は昭和30年。「1粒で2度おいしい」という、あの有名なキャッチフレーズの通り,このアーモンドグリコの味には驚いた記憶があります。なにしろアーモンドを知りませんでしたからね。落花生は知っていました。空豆も知っていました。しかしアーモンドは知らなかった。大きい箱が20円,小さい箱が10円。大きい箱なんて買ったことはありません。

ロッテの小梅ちゃん。素敵なデザインのパッケージだと思います。小梅ちゃんの発売は昭和49年。林静一氏のイラストが採用されたのは昭和57年です。私は林静一氏のイラストが好きです。

koume.jpg

林静一氏は昭和20年生まれ。昭和40年代に,ガロで漫画を描いていた頃のタッチは今とは少し違います。。彼が連載していた「赤色エレジー」はあがた森魚の歌とカップリングして有名です。アニメーションはDVDで発売されているようです。なんと,ナレーションは石橋蓮司です。

あがた森魚のLPは繰り返し繰り返し聴きました・・。大正の香りのする甘酸っぱい歌でした。「赤色エレジー」・・・今,YOU TUBEで聴いて,涙が流れてきます。

ココアシガレット。昭和26年から相変わらずのレトロなデザインで今も売られています。今は姉妹品として色々な味のものもあるようです。

cocoa-cigar.jpg

色使いがピースの箱と似ていて懐かしい。ピースはあのレイモンド・ローウィによってデザインされました。レイモンド・ローウィはフランスのデザイナーで,色々な国でデザインを手がけましたが,おもな活動はアメリカで行われていたようです。インダストリアルデザイナーとして「口紅から機関車まで」と言われるほど多くのデザインを世に出しました。ラッキーストライク,シェル,ナビスコのロゴマークや汽車や自動車,日用品まで。

peace.jpg

ピースの試作デザインについては「たばこと塩の博物館」が詳しい。



昭和レトロなデザインのベビーラーメンです。現在復刻版が売られています。おやつカンパニーが製造する、味付けフライ麺風のスナック菓子です。

babystar.jpg

パッケージには「ベビースターラーメン」とありますが,当時は「ベビーラーメン」という名前でした。10円で買えたと思います。それまでのお菓子とは一味違っていて,人気がありましたね。私は友達の豊永君と一緒にこのベビーラーメンを銭湯に持ち込み,湯船の中で食べてみたのですが,気がつくとポロポロとこぼしたベビーラーメンが湯船にたくさん浮かんでいて,番台のおばさんに怒られました。昭和でしたね。
この機械を見てかっこいいと思う人は少ないのでしょうか。いい味を出していると思います。機能のために磨き上げられたデザイン。昭和レトロなポン菓子機です。

pongashi-1.jpg

「パットライス」私たちが子どもの頃はこう呼びました。しかし「ポン菓子」「ドン菓子」と言う地域が多いようです。

近くの遊園地にだいたい日と時間を決めてやってきていたポン菓子屋のおじさん。遊園地の中にリヤカーで引っ張ってきた機械を据え付け,鐘を鳴らす。何故だったのか,私たちにはパットライスのおじさんが来たことが分かっていた。母親にお米をもらって遊園地まで走る。ポケットには十円玉が入っている。

集まったお米を釜の中に入れ,釜を火であぶりながらゆっくりと回し続けていると,釜に付いた圧力計の針がじりじりと上がっていく。頃合いを見計らって,おじさんが軍手をした手に金槌を取ると,子供たちは両手の人さし指を自分の両耳に突っ込んで,知らず知らずに一歩二歩と後ずさりする。

pongashi-2.jpg

緊張した一瞬。愉しかった。


昭和36年発売のマーブルチョコレート。パッケージは当時のものの方が昭和レトロでいいデザインです。マーブルチョコは発売当時1個30円です。高いです。一日の小遣いでは買えません。自分で買えるとしたら,遠足に行くときくらいです。マーブルチョコレートの一気食いに憧れた昭和です。

マーブルチョコレートはまずセロファンを剥がし,蓋を「ポンッ」と音を鳴らして開け,チョコを食べる前に,まずシールの確認をしました。そこには鉄腕アトムのシールが入っていました。やがて,シールは「マジックプリント」という転写式のシールにかわりました。私たちは「マジックシール」と呼んでいました。教科書にマジックシールを貼るのには,どこか後ろめたい気持ちがありました。だから私はハーモニカのケースや冷蔵庫の扉にアトムのシールを貼ったことを覚えています。

marblechoco.jpg

先日買ってきたマーブルチョコレートの中身を開けてみました。シールも入っているし,蓋に隠れていて見えない容器の部分や,いくつかの粒にキャラクターが描かれていて,愉しいです。

今のマーブルチョコはキャラクターが変わってるんですね(当たり前ですが・・)。「マーブルワンちゃん」という7兄弟です。

2000年に発売された明治のお菓子がたくさん入った缶。昭和レトロなデザインで作られています。女の子が抱いている明治クリームキャラメルのデザインも昭和のものです。

明治クリームキャラメルは,口の中に入れると,短い時間ですごく柔らかくなった。その柔らかさにどこか高級なものを食べている感じがした。昭和39年発売。

meiji2000can.jpg

いつも履いていた半ズボンのポケットの中に入れたままにしておくと,体温で柔らかくなり,奇妙な形につぶれていたキャラメル。一度柔らかくなって再度冷えると,包み紙がなかなか剥がせなくなったキャラメル。あの頃の半ズボンのポケットの中には,甘い未来も少しだけ入っていたような気がする。

明治ミルクチョコレートのデザインは昭和から変わっていない気がします。レトロというよりも,もうその存在地位を完全に築いてしまったデザインだと思います。懐かしさに買ってきましたが,もう食べてしまいました。味も昔と変わらない気がします。甘いものはなんでも美味しかった昭和ですね。中身が無くなったパッケージを撮りました。

meijichoco.jpg

あの頃私はまだ小学生でしたが,すでに社会人になった兄がいました。よく,近所のお菓子屋さんまでチョコレートを買いに行かされたことを覚えています。兄に言いつけられたのは,いつもこの明治のミルクチョコレートかロッテのガーナチョコレートでした。買ってくると,麻雀のメンバーに入れてくれました。負けた記憶がありません。難しい手役はまだ分からなかったし,点数の数え方も知らなかったけれど,とにかく七対子がよくできました。兄の驚いた顔を今でも覚えています。
マーブルチョコレート。パッケージは当時のものの方が昭和レトロでいいデザインだと思ってしまう。マーブルチョコといえば「鉄腕アトム」。テレビアニメ鉄腕アトムのスポンサーは明治製菓だったし、マーブルチョコレートにはアトムのシールが入っていた。マーブルチョコレートの発売は昭和36年。

当時の子どもは中のチョコを食べ終えてもこのパッケージで遊んだ。蓋の部分を引き抜くときに「ポンッ」といい音がするのである。

marblechoco.jpg

空を越えてラララ星の彼方・・・
思い出すのは簡単だ。


080522atom.jpg
レトロとは思わないけれど懐かしいデザインの森永チョコボール。

昭和42年、森永のチョコボールは発売されました。当時の値段は30円というから、こどもにすれば少し高い。しかし、このお菓子、金のくちばしは1枚で、銀のくちばしは5枚で、「おもちゃのかんづめ」がもらえた。私はそのかんづめをもらった記憶があるのだけれど中身がどうしても思い出せない。この度、復刻版?を買ってきました。でも、妙な違和感がありました。どうもくちばしのある位置が昔とは違います。昔は写真に付け加えた赤で囲んだ部分のように、出てきました。買ってきたものはパッケージの上部から出てきます。

080514choco.jpg

出てきたのは黄色のくちばし・・。ハズレです。
復刻版のビスコ。レトロなデザインです。

昭和8年に発売されたビスコ。現在のビスコは乳酸菌が5枚につき1億個入っているそうです。昭和8年にも1億個入っていたのかどうかは不明ですが、「ビスコ」という名前は「ビスケット」と「酵母菌」の造語だというのを聞いたことがあります。

bisuko.jpg

ビスコ保存缶という商品があります。
災害時のために作られたもので、賞味期限は3年間。

昭和30年代、小学校の近くや公園の近くには駄菓子屋があった。だからその日に遊ぶ場所によって、駄菓子を買う店が違っていた。

普段は行かない少し遠くの公園の南側に小さな駄菓子屋があった。駄菓子やめんこなどの数は少なかったが、その店のおばあさんは一斗缶の中に入った水飴を売っていた。いや、あれが水飴だったのかどうかは判然としない。水飴というよりもう少し固かった。その証拠に、冬になるとその飴はなかなか割りばしで巻き取りにくくなり、おばあさんが力を込めると割りばしが折れ、飴の中に突き刺さったままになっていたものだ。

080506.jpg

それでも、おばあさんは一斗缶の中の水飴を割り箸で巻き取って手渡してくれる。おいしかった。ポケットの中の十円玉が普段より多いときには、薄いせんべいにその飴を塗ってもらった。一番高級なのは、水飴を2枚のせんべいで挟んだものだ。あの頃、あの水飴のことを「リョウセン」と呼んでいたが、語源が分かりません。

なんだか飴を舐めたくなった。
レトロな飴玉・・。飴玉にもデザインがある。

080505ame.jpg
安心できる昭和らしいデザイン。レトロなデザインのパッケージ。不二家のミルキーが発売されたのが昭和26年。甘くて柔らかい、どこか当時にしては高級感のある味でした。

その後実にさまざまなミルキーが発売されることになります。現在でも、抹茶ミルキー、チョコボール、いちごチョコボール、クッキー、ホワイトチョコレート、とろけるミルククリーム、とろけるカフェラテクリーム、とたくさんのミルキーがあります。

ペコちゃんとポコちゃんの人気も衰えることはありません。

milky-2.gif

オークションで実にさまざまなペコちゃんとポコちゃんが取引されています。

楽天でもレアなものが売られています。
急がないと必ず売り切れます。

080427peko.jpg
昭和レトロブームだから、色々なものが昭和のデザインで再販されている。写真は昭和51年のデザインのプリッツということだけれど、あの頃、こんなデザインだったっけ。中身は現在販売されているものみたいですね。昔はもう少し固かった気がします。

こちらが現在のプリッツ(サラダ)で下が復刻版デザインのパッケージのプリッツ(サラダ)。

080423pretz.jpg


profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」
Powered by Movable Type 4.21-ja

wish Rakuten















link

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メール