漫画の最近のブログ記事

昭和の理容店

| | トラックバック(0)
昭和の雰囲気を醸し出す理容店。窓枠など木製です。テントの三色のデザインがやはり昭和です。

riyouten.jpg

昭和40年代、休日の床屋さんはどこもお客さんで一杯で、一時間待ちは珍しいことではありませんでした。待ち時間は漫画を貪り読みました。少年マガジン、少年サンデー、少年キング、冒険王、少年、少年画報・・。少年マガジンは昭和34年、大関朝汐を表紙として創刊、それならばと、少年サンデーは長嶋茂雄を表紙に持ってきた。これは有名な話。当時の定価は50円。後発の少年キングはそれより少し安かったような記憶がある。まあ、どのみち、漫画を読むのは貸本屋か、床屋であり、買うことなどなかったので価格は関係なかったのだけれど。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

750ライダー

| | トラックバック(0)
昭和50年から週刊少年チャンピオンに連載された「750ライダー」。CB750FOURのデザインが今もって古びない。

750rider.jpg

写真は後に文庫本で再版されたもの。主役の早川光や委員長の久美子、順平や喫茶店ピットインのマスター。登場人物が懐かしい。あの頃のナナハンは憧れでした。しかし、今、CB750FourのK0にまたがると車高が高くて、立ちゴケの危険を感じてしまいます。それでも、その堂々とした体躯と、色あせないデザインには惹かれてしまうのです。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
昭和47年。青林堂から出版された「フーテン」。永島慎二先生の作品である。今取り出してきて表紙のデザインを見ても感慨深いものがある。永島先生の本は何冊も持っていたけれど,お金のないときに売ってしまって,今はこの「フーテン」を含めて数冊しか残っていない。

huuten.jpg

昭和47年。私は学生だった。未成年だった。でも,毎晩のようにウィスキーを呷っていた。ベッドの下にはサントリーの「WHITE」の空き瓶が数えきれないくらい転がっていた。呷りながら,なぜか,このフーテンをよく読んでいた。読みながら,色々なことを書き込んでいるページもある。毎日毎日何かを探して止まなかったあの頃。その残滓は今も私の心の底で青白く光っているようだ。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

昭和のデザインです。歌鬼という,阿久悠さんの作品のトリビュートアルバムのジャケットです。同棲時代という漫画がありましたが,その主人公である今日子を思い出しました。

ga-ki.jpg

同棲時代は上村一夫さんの代表作。昭和47年に漫画アクションに連載されました。あの頃はまだ同棲ということが社会的に認められているとは言い難い時代でした。今日子は私には手の届きそうにもない女性でした。それでも,同棲時代を読みながら,私は,今日子の赤い痛みの中に入ろうとしていました。しかし,理解しようと懸命になると,今日子は突然私を突き放します。今日子は上村一夫さんが生んだ女性であり,私は青い読者だっただけなのに。今日子に会ってみたくなりました。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ


昭和48年初版の漫画。永島慎二氏の「若者たち」です。永島慎二氏の漫画は貸し本屋で読み漁り,時には新刊を買ったこともありました。

wakamonotachi.jpg

永島慎二氏は昭和12年生まれ。多感な頃,私を惹きつけて止まなかった漫画家です。新宿のフーテンの生活などを詩情豊かに描いてくれました。私が高校生の時,学校の先生から,将来何になりたいのかと尋ねられて,即座に「フーテン」と答えたら,先生は何とも言えない表情をして,それ以上何も言いませんでした。ちなみに氏の代表作は「フーテン」だと思います。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

profile


  • dandan
  • 昭和30年代生
  • A型・水瓶座
  • 犬は「チコ」

2009年10月: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.21-ja

wish Rakuten















link

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メール